【実録!お部屋探し②】 逆算引っ越し2か月前、賃貸物件探しスタート!

賃貸情報広告画像


昨年末、無事就職先が決まった我が家の息子くん。
というわけで、年明け早々、めでたく物件探しがスタートいたしました。

――が、調べてみると、会社のある浅草の物件はけっこう相場が高い模様……
加えて息子くんには「自宅アパートでDTM音楽制作をしたい」という強い希望があり、
防音性(鉄筋コンクリート造)というのが部屋探しの上位条件に上がってくるんですよね~^^;

ま、支払うのは本人なので、妥協しなければならない点はたくさん出てくると思いますが
それでも出来る限り好条件の住まいを見つける努力はしたいところですよね。
今日はその入口である「住みたい街の物件を探す」段階までを記事にしてみました。


確認しておこう!「部屋探し&引っ越しスケジュール」


前回の記事、【実録!お部屋探し①】 始めるのはいつからがベスト?時期は?ポイントは?
にも書きましたが、ここで目安となるスケジュールを再確認しておくことにしましょう。
(今回は、下の表の色が付いているマスの時期に取ったアクションについて書いています)

時期(引っ越し日から逆算) アクション内容
~3か月前(~12月) ■ 現在住んでいる部屋の解約手続き(契約書で定められた期限までに済ませておく)
■ 希望の引っ越し先(駅・沿線など)の大体の目安を決める。
■ 家賃相場や周辺の環境などをリサーチ。
2か月~1か月半前(1月) ■ 不動産会社への問い合わせ・下見開始
1か月前(2月) ■ お部屋決定・契約
■ 引っ越し業者の選定・見積もり依頼
■ 現在住んでいる部屋の引き渡し日を不動産屋さんに予約
■ 各種手続きのリストアップ
半月前~1週間前(3月) ■ 各種手続きの実行
■ 転居先の下見・必要なものの購入

現在住んでいる部屋の解約手続き


通常の場合、賃貸契約書に定められた日までに退去予告を入れる必要があるようです。
これは契約書に1か月前、2か月前などと記載されているので必ず確認しておきましょう!

仮にこの記載が「1か月前」なら、退去すると伝えた日(退去予告を入れた日)から1か月間は家賃が発生するという意味になります。
なので、引っ越し先が決まったらすぐに連絡を入れておきましょう。

息子くんは学生マンション住みなので、管理会社から退去予定の事前問い合わせが来ました。
卒業式が3月中旬ということで、新居への引っ越しは「卒業式後の3月下旬」と連絡しました。

希望の引っ越し先(駅・沿線など)の大体の目安を決める


息子くんの勤務先が浅草なので、引っ越し先の目安は「浅草駅に乗り入れている路線上の駅」周辺ということになりました。
調べ方がわからないので、とりあえず「浅草 路線図」などのキーワードで検索をかけると、

東京メトロ銀座線 路線図
都営浅草線停車駅
東武伊勢崎線(浅草−伊勢崎)の路線図
台東区・めぐりんの時刻表、路線図

……などのページがヒットしました。
どうやら浅草には、これらの路線&めぐりんという乗合バスが接続しているようです。
この路線上にある駅(なるべく浅草に近い場所)を候補地に挙げることにしましょう。

続いて同じキーワードで画像検索をすると、「浅草線 相互直通運転」という路線図がヒット。
これを見て「都営浅草線と京成線が相互直通運転をしている」ことが分かりました。
なので、京成線上にある駅周辺も候補地に加えることにしました。

家賃相場や周辺の環境などをリサーチ


【家賃相場を調べる】

これはネットの賃貸物件一括検索サイト上にあった情報を大いに利用しました。
特に役に立ったのが「いえらぶ」というサイトの家賃相場ランキングです。

いえらぶ家賃相場ランキング画像

こんな感じでグラフになっていて、一目で家賃相場を比較できるので大助かり!
グラフのすぐ下には調べた街の物件一覧に飛ぶリンクがあり、使い勝手も抜群でした。

あともう一つ、「キャッシュバック賃貸」というサイトの家賃相場ページも参考にしました。

キャッシュバック賃貸家賃相場画像

こちらは賃料の平均値が一覧表になっています。いえらぶのサイトと多少のズレはありますが、双方合わせて見て一番家賃の安そうな街をピックアップすることにしました。

【周辺環境を調べる】

何となくでも候補地が絞れてきたら、あとはネットで街の口コミ情報を調べるのみ!
「街の名前+口コミ」で検索して、街の雰囲気や住みやすさなどを調べてみました。

息子くんの場合、第一優先条件である「防音性」を考慮すると、どうしても鉄筋コンクリート造の建物を希望することになってしまいます。
が、勤務地の浅草に近い街は相場が高く、歴史のある街なので古い木造家屋が多いみたい。

そこで少し離れた街(といっても電車で一本~乗り換え一回、浅草まで15分くらいの範囲)を調べたら、候補地に挙がってきたのが「京成押上線」にある駅周辺の街でした。

賃貸物件一括検索サイトで希望条件に合う物件を検索


賃貸物件が載っているサイトには、大きく分けて次の二種類があります。

①ピタットハウスやエイブル、お部屋探しMASTなどの「不動産会社が運営するもの」
②スーモやホームズなどの「不動産ポータル情報サイト」

我が家が主に利用しているのは②のポータル情報サイトの方。
こちらはたくさんの不動産会社をまたいで一括検索ができるので、すごく便利ですよ。
よくチェックしている不動産情報サイトは↓↓こんなところかな。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」
■ チェックボックスで複数路線から一気に探せるので使いやすい。
他のサイトは祝い金をもらえる条件が厳しいけど、ここは条件を満たしやすいです。

入居決定でキャッシュバック!お部屋探しの【DOOR賃貸】
■ 路線・駅を一つずつ絞り込んで検索する仕様で使い勝手はイマイチ。
入居決定で15000円など、もらえるお祝い金の金額が大きいのが特徴です。

深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる「家AGENT+」
■ 希望条件を登録すると紹介物件が届き、チャットで簡単にお部屋探しができます。
内見の予約まで全部設定が可能、あとは決まった物件を見に行くだけでOKです。

問い合わせるなら確実にキャッシュバックをもらえるサイトを選ぼう!


「キャッシュバック賃貸」は他の検索サイトに比べるとお祝い金をもらえる条件がゆるく、
問い合わせた物件で契約できなくても、同じ不動産屋さんに「別の物件を紹介されて契約した場合」はキャッシュバックの対象になります。
(他のサイトだと、大抵「問い合わせた物件で成約した場合のみ」しか対象になりません)

↓↓ 成約後、マイページから申請するとこんな風にお祝い金がもらえます。

キャッシュバック手続き完了画面

一括検索サイトに載っている物件は、動きが早い時期には「掲載中であってもすでに借り手がついている」ことも多く、結果的に 問い合わせた物件で契約できる可能性は低め。

なので、キャッシュバックを確実に受け取りたいのであれば、始めから別の物件を紹介してもらうことを前提に、住みたい地域に強い不動産屋さんを選んで内見を申し込むのが一番安心だと思いますよ。

――ということで、次回は「一括検索サイトから問い合わせ~部屋探しの実際・超人気物件を押さえられた経緯」について詳しく書いてみたいと思います!

シェア大歓迎!よろしくお願いします♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加